戸建て賃貸住宅「ユニキューブ」

main

ユニキューブ(unicube)とは

-家を買うを投資にする-がコンセプトの2戸1セットの戸建て賃貸住宅です。
ユニキューブの活用方法は、「賃貸経営」「マイホーム」「2世帯住宅」など、様々な活用が可能です。

 

時代を読む「ユニキューブ」

今日の住まいに対する社会の要望は多種多様です。
そのキーワードは、エコロジー、健康、ライフスタイル、あるいはSOHOなど…。これは、住み手の住まいに対する意識が機能性やコストだけではなく、個性的なライフスタイルや、自分らしさを受け止められる器として、住宅を捉えるようになったためです。
そしてこれは今や戸建住宅にとどまらず、賃貸住宅にまで波長しています。
私たちは、この住み手のシーンのイメージを具現化できるような「私的借家」を提案します。建物は白いキャンパスであり、住み手が思い思いに家具などで色を乗せていきます。また、ライフスタイルの変化や家族の成長と共に、間取りが変化できるよう、可変性を持たせています。
今求められているのは、過度の装飾や3LDK、4LDKといった部屋数のように物理的なモノではなく、多様なライフスタイルに対応できる「柔軟さ」なのです。
unicubeは、その答えであり、「less is more」そして「脱nLDK」への試みです。さらに、その多様な住まい方の可能性を、オーナー様や住まわれる方と共に探って行きたいと思っています。

 

人生をつくる「ユニキューブ」

このプロジェクトでは、55坪程度の土地に2棟のキューブ型アパートメントを建てることを基本とし、従来型の賃貸不動産経営(2棟の借家)に加え、1棟から賃料収入を得ながら、他棟に自らが住む収益併用住宅(インカム型住宅)を可能にします。
初期投資を抑えながら、高入居率、高利回りを実現する。そんな個性的で魅力あふれるユニキューブ賃貸住宅のご提案です。

外部仕様
屋根 ガルバ二ウム鋼板 タテハゼ葺、セルロースファイバー断熱(デコスドライ工法)
外壁 ガルファン鋼板(断熱仕様)、防火サイディング下地 テラコート鏝仕上、セルロースファイバー断熱(デコスドライ工法)
開口部 アルミサッシ、複層ガラス、網戸、換気框付
VU-50
テラス SPF防腐処理
内部仕様
フローリング貼、CFシート
ビニールクロス貼
天井 ビニールクロス貼
標準設備仕様
玄関 インターホン、ネームプレート、下足箱
キッチン システムキッチンL=2100(段落タイプ)ステンレストップ水切りプレート付シンク、混合水栓、レンジフード、照明器具、ガス熱感知器
浴室 ユニットバス1216タイプ追炊き付、2ハンドルシャワー水栓、化粧棚、鏡、風呂蓋、換気扇、照明器具
洗面 シャンプードレッサー、混合水栓
トイレ 手洗い付洋風便器、ペーパーホルダー、タオル掛け、収納棚、照明器具
室内 カーテンレール、エアコン用コンセント及びスリーブ、電話受口、テレビ受口
屋外 TV共聴アンテナ、物干金物、屋外コンセント

 

暮らしをつくる「ユニキューブ」

zu1住み手それぞれに住まい方があります。
ここでは3つのケースを想定し、家族構成をふまえたケーススタディーをしてみました。

zu2-1
面積(1住戸あたり)
●1階床面積:35.03m²(10.59坪) ●2階床面積:35.03m²(10.59坪) ●屋内延床面積:70.06m²(21.18坪)
●アウトリビング:7.00m²(2.11坪) ●合計専有面積:77.06m²(23.29坪)

 

街をつくる「ユニキューブ」

zu住宅を建てるとき、まわりの環境、景観などにも配慮しつつ、魅力的で個性あるものに造りあげることが望まれます。ユニットの考えを取り入れることにより、リズミカルに連続する景観が、楽しい街並みを創りだします。
箱と箱が組み合わさり、1つのユニットとなり、さらに2つ目のユニット…。つながり広がることで、街づくりまでも考えられる、これがユニキューブプロジェクトです。